★ブルアのライター生活ガイド★

なんのコネもないのに、ライターになりました。模索しながらのライター生活ですが、映画・ドラマ・絵本紹介のお仕事をいただいております。

「湖水地方」を買えるほど成功したビアトリクス・ポターだって門前払いされている……目標は大きく持った方が逆に気が楽だ

13年間のOL生活を引退し、フリーランスとなった2015年1月。

なんのコネもないが、とにかくライターになろう!と思った。

 

東日本大震災&自分の体調不良を経験し、

「やりたいことをやりながら生きていきたい!」と、心底思ったからである。

 

私の場合、やりたいことは山ほどあるのでどれを生業にするか悩んだが、

「文章書くの得意だし、ライターならやれるかも?」

などと激甘のもくろみで始めてみた。

 

すべての人間がやりたいからといって、やりたいことをやれるわけではない。

人間として生きる以上、お金を稼いで生活をしなければならないからである。

 

もちろん、私もお金を稼いで生活をしなければならないが、

ここで、私の挑戦の後押しをしてくれるありがたい協力者が現れた。

 

夫である。

 

「やりたいことをやって暮らしていきたいなら、会社を辞めて本気でやってみろ!

その代わり5年で成果を出せ。それまでは面倒みてやる。」

 

と、ありがたいお言葉。

 

その言葉に甘えて、ライターとして模索しながら毎日を過ごさせてもらっている。

もうすぐ丸3年経つ。

まだ、夫の扶養内の売り上げしか上げていない。

せめてOL時代の収入くらいまでは、とりあえず稼ぎたい。

あと、2年しかない!

などとちまちました目標を考え、焦っていたのだが……

 

最近、夫が

「早く、湖水地方を買ってくれ」と言ってきた。

 

分かりやすく言うと、イギリスの絵本作家ビアトリクス・ポターになれ!と言っているのだ。

 

ビアトリクス・ポターは「ピーターラビット」の作者として有名である。

ポターは、幼いころから絵を描くのが得意だった。

身近にいるウサギなどの動物や、草花をたくさんスケッチしていて、その絵は、家族や親戚たちに大好評だった。

 

あまりの好評ぶりに自信を持ったポターは、スケッチにお話をつけ、出版社に持ち込む。

だが、「お嬢さんが道楽で描いた絵など誰が買うもんかね!」と門前払い。

どこの出版社も相手にしてくれなかった。

 

そこで、ポターは自費で出版することにした。

250部刷り上げて、2週間ほどで完売するほどの人気ぶり。

ついには出版社が、モミ手で近寄ってきて「出版させてください」とお願いすることになるのだ!

 

ピーターラビットシリーズ」は、ポターの存命中から大ベストセラーとなったが、現在では、累計2億5000万部を超えているのだそう。

恐ろしいほど売れた「ピーターラビット」のギャラで、ポターはイギリス北西部にある湖水地方を買っている。

「地方」を購入したのは、動物たちが暮らす森の自然を守るためだった。

 

この、小気味よいビアトリクス・ポターのサクセスストーリーを踏まえて、夫の

「早く、湖水地方を買ってくれ」という発言を考えてみよう。

 

美しく取れば

「断られてもめげずにやり遂げろ!」ということになる。

 

そして、いやらしく取れば、

湖水地方が買えるくらいの大ベストセラーを生み出せ!」

ということになり、「早く俺をラクさせてくれ」と言っているのだが……

 

夫としては、5年の猶予を与え私に投資しているようなものだ。

抗弁したくとも、こちらとしては文句が言えない。

 

(1233字)1時間30分

(反省)ビアトリクス・ポターについて書きながら調べたため時間がかかってしまった。

 

 

ミス・ポター [DVD]

ミス・ポター [DVD]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文章を書くのが遅すぎる私が試した方法は「付箋」

文章を書く際、当然下調べをする。

例えば、ドラマの紹介記事を執筆する仕事でも、そのドラマを未見の場合がある。

私は、基本的にシーズン1は全部見るようにしている。

急ぎの仕事の場合は、少なくても第3話までは必ず視聴してから執筆する。

 

中には、ドラマを見ないでネット検索した情報のみで執筆しているライターの方もいるが、私はそこまでの技術力がないので、実際に見て良いところを引き出して魅力をお伝えするしか方法がない。

 

尊敬している淀川長治さん方式だ。

淀川先生は、どんな映画も必ず鑑賞してから、しかもつまらない映画の場合でも、

その映画の唯一のよいいところを紹介するようにしていた事は有名な話である。

 

仕事をこなすうえでは、ドラマを全部視聴することは非常に非効率的ではあるが、技術力のないものにとっては、正面からぶつかっていくことしか方法が分からないのだ。

 

ゆえに、下調べに時間がかかることは、まあ織り込み済みで記事に挑むのだが、

それにしても執筆に時間がかかってしまう。

 

ドラマを全部視聴した後、ドラマの監督や出演者、ネットでの評判などを調べるので、

頭の中には対象ドラマに対しての膨大な情報がつまることになるが、

この情報を素早くアウトプットできない。

 

ライターとして致命傷のような症状だが、アウトプットして形になるまで

とにかく時間がかかってしまうのだ。

 

何かパッとアウトプットできてスラスラ執筆できる方法がないかと、さまざまなワークショップにも行ってみた。

そこで、目からうろこの対処法に出会うことができたのだ。

 

バリバリ稼がれている先輩ライターさんの生の声を聴けるのは、想像以上に勉強になり、特に6月に出かけたライター交流会で、ライターの佐藤友美さんがお話してくださったことが、私の症状にはピッタリとくるものがあった。

 

佐藤さんから学んだのは、頭の中の情報を視覚化すること。

視覚化しておくと、執筆するときにあれやこれや頭の中を彷徨うことなく

集中して執筆できる。

しかも、その方法がとても実用的。

オフィスなどでよく使う宛名ラベルシートに、書きたい項目やポイントなどを羅列しておき、全部書き終えたらシートをはがして、執筆の順番を入れ替えたりして

記事のプロットを立てるというもの。

 

今までは、A4の紙にメモ程度書きたい内容を記入するくらいしかしていなかったので、執筆する際にまた頭の中に戻り「え~と次はなんだっけ?あぁそうそう」という時間を取らざるを得なかった。

当然「え~と……」となっている時は、執筆の手は動いていないので、時間をロスすることになる。

 

「こりゃあいいこと聞いた!」と、惜しげなく対処法を伝授してくださった佐藤友美さんに感謝しつつ、自分なりに実践してみた。

 

f:id:blua:20171113122722j:plain

私の場合は、無類の付箋好きで家に山ほど付箋があるので、付箋にポイントを書いて

A4の紙に張り付ける方式にしてみた。

 

執筆中の頭の中の整理度合いが、「なんだこのビフォアアフターは!」というくらい違った。

まさに、「なんということでしょう!」という感じだった。

 

さらに、佐藤さんは下調べにも時間をかけているとお話されていた。

自分のやり方に少し自信を持ちつつ、それでもまだまだ執筆が遅いので、もう少し早く執筆できるようになりたい。

そんな思いでこの記事を30分で執筆しようとトライしてみた!

32分で完成。(1306字)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40代からのライターデビュー

ライターとして収入を得て、それで暮らしていけるようになる。

今のところの、わたしの目標。

WEBライターとして活動を始めたのは、2015年の1月からなので、

現在ライター歴2年半。

 

現在、3社から定期的なお仕事をいただいているが、

収入面では、なかなか伸びしろがない。

1年ほど前から、ギャラが頭打ち状態。

ほんのおこずかい程度のギャラから脱却するには、どうしたらいいのか?

なんとかステップアップしたいと考え、交流会やら講習会にも通ってみている。

 

ライターになろう!と思った2年半前。

わたしには何のコネもなかった。

出版社などに持ち込む作品もないので、

WEBライターになるしかなかった。

さらに、WEBライターになるには的な知識もまったくなかった。

 

ただ、素人同然のわたしが検索しても、WEBライティングの仕事は結構あり、

応募すれば受かるというウェルカムの状況ではあった。

これなら、がんばって実力をつければライターとして活動できるかもしれない。

 

と、思った40代女子のわたし。

 

そんな感じで、WEBライターとして活動し始めた2年半のこと、

さらにどんなライターになりたいかという将来のこと、

そして、たまに言いたいことを言ってやるサイトが欲しいな

 

ということで、はてなブログはじめました。

 

どんな記事を書いているかというと、こんな感じです↓

kaigai-drama-board.com